マットスプレー:新設コンクリートの重要ポイント=下地処理!

2019.3.15

マットスプレーは下地の処理がしっかりとしていないと、剥離の原因となります。特に新設のコンクリート下地の場合に発生しやすいので注意が必要です。

何件かこういったミスが出てきていますので、新設のコンクリート・土間などに施工する際はお気を付けください!

良い仕上げには吹付け表面の下準備が極めて重要です。新設のコンクリートの打設後、最低2週間以上養生が必要です。その後、サンポールを原液~2倍程度にしてポリッシャーで入念に酸洗いしてください。表面のノロ(モルタル分)を剥がします。最後に、使用した薬剤を洗い流しながら高圧洗浄を行ってください。

---------------------

上記内容は、総合資料の「施工手順」と「施工要領」、「新設コンクリート下地の注意点」、「アスファルト下地施工のポイント」に詳しく記載しておりますので、ご確認ください。または、MATまでお問合せください。

  

  

ページトップへ矢印