カラークラック目地

よくある質問

質問1

「カラークラック目地」の設置方法を教えて下さい?

答え

設置方法は次のような手順で行います。
「支持金具」を砕石面に打ち込み、「カラークラック目地」の天端を水糸等で決め、支持金具をモルタルで固定する。(支持金具は、1.0mピッチで設置する。)

目地設置方法

支持金具を水糸のレベルとラインに合わせ、砕石面に打ち込みます。(打ち込み時に支持金具頭部分を損傷しないようにご注意ください。)

支持金具にカラークラック目地を固定(高さ(EL)を決定)します。
注)この時の高さが左官均し,仕上げ高さの全てを決定しますので正確に行います。

最終調整を行いながら、モルタルにて支持金具脚部を固定します。ジョイント部は同時モルタル固定とします。

質問2

「カラークラック目地」のジョイント方法はどうすれば良いですか?

答え

「粘着テープ」で簡単に接続できます。
ジョイント方法は次のような手順で行います。

ジョイント方法

質問3

「カラークラック目地」の設置ピッチ及び設置場所を教えて下さい?

答え

1:一般的にコンクリート床厚の30倍に1箇所=3mに1ヶ所程度設置して下さい。
2:応力が集中するコーナー部(入スミ)及びマス周りに設置して下さい。

質問4

土木工事で一般的に使われているコンクリート目地と比べて施工性は良いですか?

答え

「カラークラック目地」の本体部はスチール(亜鉛メッキ仕上げ)のため、たわむ事が少なく、設置、施工が簡単にでき経済的です。

 

ページトップへ矢印