近年、マットスプレーが個人住宅や商用施設、共同住宅を中心に広がりをみせております。それに伴い、塗装・リフォーム・舗装などの業者様を中心にマットスプレーのみ工事を行う会社様が増加しており、全登録社数(314社)の20%以上を占めるようになりました。

 そこで、従来の外構・左官・建設業を中心にマットスタンプ・マットスプレーの工事を行う会社様をMAT「認定登録施工店」、マットスプレーのみ工事を行う会社様を「マットスプレー倶楽部」登録施工店と分けさせていただきました。

 更なるサービスの充実を目指してまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

号外です!群馬県のMAT「認定登録施工店」である前橋園芸(株)様の中村社長が、チェルシーで著名な庭園デザイナーの石原和幸氏率いるチームに参加。「英国チェルシーフラワーショー2018」に出展され、「アーティザンガーデン部門」で見事金メダルを受賞されましたので皆様にお伝えします!チームの皆様、中村社長受賞おめでとうございます!

「英国チェルシーフラワーショー」は、イギリスのロンドンで毎年5月に開催され、エリザベス女王が総裁を務める英国国立園芸協会(RHS)が主催の150年以上の歴史と威厳のある国際ガーデンショーの最高峰となります。

「BBQガーデン」のアイテムとして展開している「KAMADO Q」は、来週から東京ビックサイトで開催される「Pizza & Pasta Show」に出展します。前回の「ホテル&レストランショー」ではBBQグリル・調理器具として出展、今回の展示では移動可能な「ピザ釜」として皆様にご提案いたします。東京近郊の方はお立ち寄りください。

 

 

認定登録施工店・登録施工店様専用の資料ダウンロードページに資料を追加、リニューアルしました。総合資料をベースに作成していますので、技術的なことはもちろん営業面まで幅広くご活用いただける内容となっています。また、ジャンル別に分け、皆様が探しやすくなるようにレイアウトしました。追加があった場合、今後このページにアップいたします。

以前からの認定登録施工店様はお手元の総合資料にない資料もあると思いますので、一度ご確認いただきご利用ください。

 

 

 icon-camera  ビフォーアンドアフター

 

 

 

 

 

下記の写真集を施工ライブラリーに追加いたしました。認定登録施工店様はの下記のPDFをダウンロード印刷し、お手持ちのマットスプレー写真集に追加いただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

新設された「トイストーリーエリア」です。

巨大な「足跡(靴底)」が地面についた雰囲気が表現されて いました。エリア内は主に「ナチュラルソイル」が施工され ています。

本物の土のように見えますが、こちらも景観材を使用し、施工 されていました。

 

 

「上海ディズニーランド」は景観材の宝庫で、ロックワークや 見所は数あれど、MAT技術部ではパーク内のほとんどの床で施工されている「ナチュラルソイル(自然な土)」に注目しました。 写真のように本物の石と組み合せて施工されています。 本物(石や植栽)と相性がよく、大面積を短期間で施工できる 「ナチュラルソイル」の良さを再認識しました。

 

 

東海技巧㈱ 様はコンクリート補修の専門業者様で、コンクリートリペア―・美装のスペシャリストです。クラックボンダーのご購入がきっかけで、MATをお知りになり、「クラックボンダーの認定登録施工店」にしてほしいとのご要望を受け、今回現地技術研修会を行いました。

研修会お疲れさまでした。東海技巧㈱様のご活躍を楽しみにしております!! フォトシュミレーションの完成イメージと施工後がイメージ通りに仕上がっていますので、皆様にご紹介したいと思います。

今回の様にフォトシュミレーション画像と施工後の写真が一致した作品を作ることで、お客様にご満足いただけるのはもちろん、これから契約するお客様にも安心していただけるので、成約率が高まります

「フォトシュミレーションをご利用していない」というお客様は、ぜひフォトシュミレーションをご利用してみてください! (1件8000円となります)

 

 icon-camera フォトシュミレーションご依頼方法

「フォトシュミレーション作成依頼書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、施工前写真と一緒にMAT( mat@mat-cp.com)までお送りください。

またフォトシュミレーションの完成度は、下地となる施工前写真が重要となりますので、施工前写真を取る前に「施工前写真の撮り方」をチェックしてください。

 

 icon-camera 施工写真集

下記の写真集を施工ライブラリーに追加いたしました。認定登録施工店様はの下記のPDFをダウンロード印刷し、お手持ちのマットスプレー写真集に追加いただきますようお願いいたします。

「左官」といえば男性のイメージが強いですが、沖縄県 ㈲屋富祖工業様の現場では、「左官女子」として女性の方が活躍されています。

現場で男性と並んで、女性ならではの感性・視点を活かして「マットスタンプ」「マットスプレー」を施工されています。写真をいくつかお借りしましたので、ご紹介いたします。

㈲屋富祖工業様のfacebookには、この他にも施工写真や動画をたくさんアップされているので、皆様もお時間ある時にぜひチェックしてみてください。

㈲屋富祖工業様、今回写真を送って頂きありがとうございました。今後もますますのご活躍を期待しております!

      

勝手ではございますが、NATEX様とIeNiwa工房様のオリジナルロゴスタンプを製作してみました! マットスタンプを施工した際に、MATグループのロゴスタンプと一緒に押して、どんどんご活用ください。

MATグループのロゴスタンプを押すことにより「MATグループ」で施工をしたという証明になるとともに、「ブランドとしての価値」を高めます。ブランドの価値があがることで、他社との差別化をすることができ、集客力アップにもつながります。

MATは「信頼頂けるブランド」を目指しておりますので、MATグループの皆様のご協力をお願いいたします。

ロゴスタンプの順番は特に決まりはございませんので、MATグループロゴと会社ロゴをバランスよく配置して素敵な作品を残してください!!

会社ロゴスタンプをまだ作製されていない会社様は、ご依頼頂ければ製作いたしますので、MAT 企画デザイン部 松井までお問い合わせください。

また、皆様のマットスタンプ施工写真をぜひMATへお送りください。MATホームページにて施工作品を紹介させていただきます。

 

全国より施工写真をお送り頂きありがとうございます。今回は 「ビフォー&アフター」の撮影のポイントを再確認します。

「ビフォー&アフター」はマットスプレーの営業活動に効果的です。 施工する前の写真と、施工後に綺麗になった写真を並べることにより、 お客様はイメージをつかみやすく、「なるほど!」とご理解して頂けます。それではポイントを説明します。

 

① 同じ位置から同じ角度で撮影する

説得力のある「ビフォー&アフター」を撮影するために、同じ位置、 定点で撮影して下さい。施工後写真をピッタリの位置で撮影するために、テープなどで印をつけて下さい。 角度はカメラを目線に平行に撮影するとマットスプレーの特徴である 「目地」がつぶれてしまうので、カメラを図のように鋭角に角度をつけて撮影して下さい。脚立などで高い位置から撮影するのも効果的です。

 

② とはいえ床は全体の4割~5割

とはいうものの、上記の角度で撮影すると床ばかりが写っている写真に なりがちです。これではわかりにくく、アピールの低い写真になります。写真に対し床が占める割合は4割~5割におさえ、象徴的な構造物や建物、植栽などを絡めて写真を撮影してください。上の写真は駐輪場を中心に周りの建物もしっかりとはいるように撮影しました。床ばかりの局部ではなく周りもしっかりおさめることにより、施工後の美しさを表現することができます。

 

 

 

周辺図

 

 

1 / 52 ページ

ページトップへ矢印