(株)カインズガーデン様は外注主体の体制を見直し、自社社内で技術を習得しようとしていたところ、マットスプレーに興味を持たれました。 MAT格言集にあるように、「技術は会社の財産である」ので、研修会で学んだ技術をしっかり社内に取り込み、展開されることをご期待します!

 

ステンシル目地を剥がす際、写真のように斜めに剥がしてください。 目地が切れにくく、剥がしやすいです。また、ステンシル目地の上に 付着している材料が落ちないように丁寧に剥がしてください。 材料が付着したままですので掃除の手間を減らせます。

 

 

 

 

 

2018年1月から2018年6月に作成した「施工写真集」をご紹介します。上記認定登録施工店様(敬称略)より頂きました施工写真を元に作成しました。ご協力ありがとうございました。

合計12件(内 マットスタンプ1件、マットスプレー6件、ビフォーアンドアフター5件)、追加しました。認定登録施工店様はダウンロードしてお手元の写真集に追加頂きますようお願い致します。

マットスタンプ

マットスプレー ビフォーアンドアフター

マットスプレー

マットスタンプ&マットスプレーを施工した際には、施工写真をお送りください!! ホームページに会社名を掲載させて頂きますので宣伝効果も期待できます。

 

「塗装業者」さん達が新たな仕事を求め、外構工事の範囲である「駐車場のリフォーム」に進出しています。駐車場のリフォームには、既設コンクリートを壊さずにリニューアルできる唯一の景観舗装工法である「マットスプレー」が注目されています。

 

 


 

 

「マットスプレー倶楽部」の塗装業者様より「サイディングのひび割れをクラックボンダーで補修をできないか?」というお話を頂きました。
建物の外壁材であるサイディングは垂直面であるため、液が垂れてひび割れに浸透せず、うまく補修できない場合があります。
補修方法を動画にまとめましたのでご覧ください。

 

 

 

 

 近年、マットスプレーが個人住宅や商用施設、共同住宅を中心に広がりをみせております。それに伴い、塗装・リフォーム・舗装などの業者様を中心にマットスプレーのみ工事を行う会社様が増加しており、全登録社数(314社)の20%以上を占めるようになりました。

 そこで、従来の外構・左官・建設業を中心にマットスタンプ・マットスプレーの工事を行う会社様をMAT「認定登録施工店」、マットスプレーのみ工事を行う会社様を「マットスプレー倶楽部」登録施工店と分けさせていただきました。

 更なるサービスの充実を目指してまいりますのでよろしくお願いいたします。

 

1 / 53 ページ

ページトップへ矢印