会社概要

会社概要
【社   名】 株式会社 MAT
【設   立】 平成8年(1996年)10月1日
【資 本 金】 1,000万円
【代表取締役】 加藤 寿
【取 引 銀 行】 三菱東京UFJ銀行 堀田支店
有資格
● 1級土木施工管理技士 ● 二級建築士
● 1級造園施工管理技士 ● 測量士
本社
458-0847
名古屋市緑区浦里2-17-2
(事務所、サンプル展示室、試験室、作業場、倉庫)
TEL 052-853-9555 FAX 052-853-9525
製造・
加工工場
● 愛知県日進市地内,愛知県春日井市地内
● クラックボンダー提携会社 ― Minneapolis , USA
● KAMADO Q 指定工場 ― Fujian , China
● ネットぺブル指定工場 ― Hualien , Taiwan
建設業務
許可
●許可番号:愛知県知事許可(般-28)第106228号(15工種)
●土木工事業 ●建築工事業 ●大工工事業
●左官工事業 ●とび・土工工事業 ●石工事業
●屋根工事業 ●タイル・れんが・ブロック工事業 ●鋼構造物工事業
●舗装工事業 ●しゅんせつ工事業 ●内装仕上工事業
●塗装工事業 ●造園工事業 ●水道施設工事業

沿革

1999年10月 労働省より地域のモデル企業の認定を受け、新規事業として「ガーデニングデザイン設計」をスタート
2000年10月 新規事業として建材部を設立し、「景観コンクリート舗装商品」の輸入・販売をスタート
2001年 3月 ㈱マーブルアクアテックの建材部を別会社として「(有)マットインターナショナル」を設立し、景観コンクリート舗装商品の専門メーカーとしてスタート
2001年10月 JDCP(日本景観コンクリート舗装協会)を設立し、事務局となる
2002年 3月 MATグループのホームページ開設(http://www.mat-cp.com)
2003年 9月 全ての景観コンクリート舗装材料の自社商品開発完了,製造・販売スタート
2003年10月 2社を統合し 株式会社MAT(Multi Access Terminal)に社名を変更する
2004年 5月 オリジナルモールド(枕木,枕木ロック)の開発・製造・販売スタート
2004年 9月 台湾で「マットペブル」の生産ラインを構築し、製造・販売スタート
2005年 5月 「東京支店・技術研修センター」を開設(東京都八王子市)
2005年10月 「ファミリーフレンドリー企業」として認証を受ける
2006年11月 マットロジスティックセンター移転(名古屋市南区)及び東京営業所を統合
2008年10月 景観コンクリート材料を「開発」・「製造」・「管理」する新会社(景観テクノマテリアル㈱)を設立
2009年 3月 「カラークラック目地」の製造・販売スタート
2009年11月 オリジナルモールド(ビンテージウッド,フランチグラニット)の製造・販売スタート
2010年 1月 オリジナルステンシルの開発・製造・販売スタート
2010年 5月 アメリカ「ロードウエアー社」との業務提供,クラックボンダー輸入スタート
2011年 2月 型枠革命「型つむり」特許証取得(特許第4669784号)
2011年 4月 「MAT本社ビル」完成(事務所、サンプル展示室、試験室、作業場、倉庫)
2011年12月 型枠革命「型つむり」エコマーク取得
2014年 5月 大手テーマパーク マットスタンプ工事完了(8,800㎡)
2014年10月 オリジナル新技法「ナチュラルソイル」、「グラニット」、「イタリアンタイル」をスタート
2016年 2月 「コンパクトドレイン」販売スタート
2017年 5月 BBQガーデン KAMADO Q 開発・製造・販売スタート
2018年 5月 MAT「認定登録施工店」と「マットスプレー倶楽部」登録施工店に二分化
2019年 3月 マットスプレーが国土交通大臣より「不燃材料の認定」を受ける
2019年10月 大手テーマパーク 材料供給,技術指導(11,000㎡)
2020年11月 「認定登録施工店」に一本化、認定証の発行スタート

沿革

会社案内(PDF形式)をダウンロードいただけます。
 


より大きな地図で 株式会社 MAT を表示

 
ページトップへ矢印